わくサポ広島では廿日市津田の農園で野菜を栽培しています。
現在栽培しているのはキュウリ、ズッキーニ、ナス、オクラ、トウモロコシ、パクチー、落花生などです。

これから収穫時期を迎えるところなのですが、事件が発生してしまいました。
廿日市津田は自然が豊かな場所で、当ブログでも度々紹介されているように様々な野生動物が生息しています。農園の周囲はイノシシの侵入を防ぐためにフェンスを張り巡らせていますが、乗り越えて侵入してくる動物もいるんです。

猿です。彼等にとってはフェンスを乗り越える位朝飯前です。この日はナスとトウモロコシが被害に遭いました。

DSC_1442リサイズ

DSC_1443risaizu

当農園だけでなく鳥獣による被害は農家にとって深刻な問題で、広島県全体の被害総額は毎年約4億円にも上ります。
人間と野生動物の共生は非常に難解なテーマでは有りますが、これからも試行錯誤しながらより良い農業の形を模索して行きたいと思います。

│2020年7月24日│