今日の一日


IMG_2527

調理プログラムでは、わくサポ広島で耕作している、無農薬野菜を使っています🎶

IMG_2529

ある日の調理プログラムで作ったメニューをご紹介~⤴️

シチュー、サラダ、漬物などなどです。シチューには白菜、大根、人参。サラダにはレタス、漬物には広島菜や高菜などの無農薬野菜が使われています。

IMG_2528

IMG_2530
生産者に感謝し、季節の野菜をみんなで調理し、みんなで頂きます🍴体にも優しい、美味しい昼食を一緒に食べましょう😊

│2020年2月25日│

先日、海上自衛隊呉基地と第一術科学校
へ見学に行きました😊

IMG_2524

IMG_2514

IMG_2510

呉基地の方では、潜水艦と護衛艦を見させていただき、間近でみる船の迫力に圧倒させられ、とても大満足!!!でした〜( ^∀^)!

術科学校では海上自衛隊の歴史を学ぶことができ、1日の工程としてはハードでしたが、充実したイベントだったかなとおもいます😉

案内してくださった自衛官の方たちのご好意に大変感謝をして今後の活動に繋げていきたいと思います✨

│2020年2月17日│

今回は少しアカデミックな話題です。

IMG_1159 (2)

青少年ワークサポートセンター広島が耕作している農地は農林水産省のJAS有機認定を受けており、できた野菜はオーガニック野菜として一部店舗で販売をしています。有機認定を受けるには大変厳しい審査があり、使用する肥料、種などもJAS 有機基準に適合しないものは一切使用できません。

さて先日JAS 有機の研修会に出席し勉強してきました。その研修会で驚いたことに「農薬と発達障害」についての議題が出てきたのです。(@_@) 昨今、発達障害の原因として注目されているのが「農薬との関係」があるということらしいんです。食べ物に含まれる化学物質が子供の脳の発達に影響を与える・・・そんな恐ろしい話なのです。

日本の農業は長らく政府、農協、農薬、肥料、資材、種苗メーカーが一体となって農業政策を進めてきました。病気が出たらこの農薬を使いなさい、育ちが悪ければこの化学肥料を使いなさいと。また病気や農薬の耐性に強い種苗も開発されてきました。それにより見栄えの良い美しい野菜が栽培され流通しています。農薬については1990年代それまで主力で使われてきた有機リン系の薬剤からネオニコチノイド系の薬剤が主力となりました。有機リン系の薬剤は雨などで流されてしまいますが、ネオニコチノイド系の薬剤は浸透性があるために野菜の中に浸透して残ってしまいます。それにより効果が長持ちして少量の散布で済むために生産者にとってはとても便利で、急速に普及しました。しかしそれは消費者にとってはとてもリスクがあり、台所で洗い流して落ちていたはずの農薬成分が農産物の中に残っている恐れがあるという事なのです。( ゚Д゚)

ネオニコチノイド系の農薬については「発達期の脳に影響を及ぼす」ということは世界各地での論文で発表され、日本でも国立研究開発法人・国立環境研究所が、「ネオニコチノイド系農薬の発達期曝露が成長後の行動に影響を与える可能性を動物モデルで示唆」との論文を2016年に発表しています。この論文にあるマウスの実験でもわかるように、妊娠中の母親が体内に取り込むことによって、胎児にもその成分が移行する可能性は否定できないということなのです。胎児にとって脳の発達が重要であることは言うまでもありませんね。

週間朝日2019年3月15日号の記事によれば、子どもへの悪影響をはじめ、様々な環境問題につながるとして、EUはネオニコチノイド系の3種類の農薬の屋外使用を2018年に禁止しました。もともとはオランダが14年に、フランスが16年に禁止を決めています。その他、韓国も14年に、ブラジルは15年、台湾は16年に、それぞれ使用を禁止しています。ところが、日本は禁止どころか、ここ数年はネオニコチノイド系農薬の食品の残留基準をむしろ緩和しているのです。ただ子どもの発達障害には様々な要因が考えられます。虐待といった異常な生育環境も、脳の発達に影響を与えるますので農薬だけが原因だとは断定はできません。

農薬メーカー側は、「定められた用法用量で使用すれば毒性や環境への負荷は低い」などとして、使用禁止には否定的ですし、行政側も「安全性は担保されている」との立場で、規制を強化しようとはしていません。
それでも、ネオニコチノイド系農薬と子どもの脳の関係を指摘する研究があることは確かで、その数は増えています。使用禁止が世界的な潮流になるなか、それに逆行するような日本の姿は見直すべき時だと思います。

皆さんはどう考えますか?

下記サイトも一度参照してください。

https://dot.asahi.com/wa/2019030500048.html?page=1

青少年ワークサポートセンター広島では調理プログラムとして日々お昼ご飯を作って食べています。使用する野菜は全て我が農場で栽培された安心安全なオーガニック野菜です。もちろん農薬は一切使用していません。灰汁がなくとてもとても美味しい野菜は皆さんに大変好評です。オーガニック野菜を食べて健康な体を作りましょう !(^^)!IMG_2621 (2)

│2020年2月8日│

わくサポ広島ではスポーツプログラムの1つとしてバスケットボールプログラムを実施しています。

IMG_2445

日本人として初めて八村塁選手がNBAのドラフト一巡目で指名されたり、Bリーグが盛り上がりを見せたりしてはいますが、まだまだ日本では実際にバスケットボールをプレーする環境は少なく、クラブでバスケ部に入るか学校の授業で少しだけ体験するか、そんな方がほとんどではないでしょうか。

わくサポ広島では利用者さん達の「バスケやってみたい」という声にお応えして、昨年からバスケットボールプログラムを開始しました。

IMG_2443

経験者から全くバスケットボールに触れたことの無い方までその習熟度合は様々なので、それぞれのレベルや興味・関心に応じて練習メニューを組んでいます。ドリブルやパス、シュート練習をメインに取り組むグループ、一通り練習メニューをこなしてハーフコートのミニゲームを行うグループ等誰でも参加しやすい内容になっていますし、実際にはプレーしなくてもマネージャーのようにボールに空気を入れたりと裏方さん的に参加してくれる利用者さんもいます。

バスケのボールは持ってみると意外に重く簡単にはシュートも決まりませんが、シュートが決まった時のネットの音ってとても気持ちが良いんですよね。

あなたもあの音を聞いてみませんか?

│2020年1月27日│

以前もここで紹介をさせていただきましたが、わくさぽでは出島町内会の皆様と一緒に「でじまらんちたいむ」の運営を行っています。料理を一緒に作って食べるという事以外に年間を通じて様々なイベントを一緒に運営をしています。その「でじまらんちたいむ」が今回100回目を迎え、記念に神楽の演舞を鑑賞させていただきました✨
迫力満点の演舞に終始皆さん興奮気味でした!!!
地域包括支援センターの方の紹介で出島町内会とわくサポが結びつき、こうして100回目を祝えることが大変嬉しく思います。

IMG_0866IMG_0870IMG_0874IMG_0860

また200回目、300回目とお祝いできるようにこれからも楽しい会の運営をしていきます~🎵

│2020年1月20日│

新年会で書き初めをしました👍

最初は戸惑いながらも、いざ筆を持つと真剣なまなざし👀

思いの丈を筆に込めて…。あんな事や、こんな事まで😁力強い、個性的な作品がたくさん出来上がりました✨

IMG_2412

IMG_2430

IMG_2431

│2020年1月13日│

あけましておめでとうございます。

「青少年ワークサポートセンター広島」を本年もどうぞよろしくお願い致します。

37149547-A68C-4E21-A936-E3DE1E034E59-e1578459778493

 

さて昨年末になりますが12月27日に毎年恒例の「クリスマス文化祭」が開催されました。このイベントは俗に言う学芸会です。メンバーさんがひとりひとりが歌ったり、漫談したり、みんなで踊ったり、スタッフと演奏したりと各自の持ちネタを披露してくれました。出演するメンバーさんを見て毎回なんですが「本当に引きこもっていたの?」「本当に障害があるの?」と思います。人前に立つことが嫌で恥ずかしい私からすれば、堂々と歌を歌ったり、踊ったり、演奏するなど考えられません。まして「出演させてほしい」と自ら立候補することには驚きます。それだけ「自己アピールしたい、人から認められたい」と思っているのだなあと感じます。こういうイベントを通してメンバーさんの「普段とは違った面」や最初の頃と比べて「どんどん元気になっていく姿」をみると、支援しててよかったなあと思うと同時に、将来への可能性を大いに感じることができます。

admin-ajax[3]_LI

オオトリを務めてくれたのは今年入社したスタッフ6名による「わくサポ48」。衣装はなんとゴミ袋をアレンジして、かわいく楽しく。またメイクもバッチリで「惚れてしまうやろー」的にかわいく変身メイクしたスタッフもいて大爆笑を誘い、おいしいところを全部持って行ってしまいました(笑)

最後は恒例のビンゴ大会を行いクリスマスプレゼントを渡し解散となりました。

050FEA78-AC8D-49C9-B29D-D95C6E2403FA-e1578459811586

 

今年も良い年になりますように。!(^^)!

│2020年1月8日│

先日、わくサポプレミアムサタデーと題して餅つきイベントを開催しました。そこに何と!カープの選手がゲストとして参加して下さいました。正にプレミアム!!

この日参加して下さったのは塹江敦哉選手と山口翔選手。まさかプロ野球の選手と餅つきが出来るなんて。皆さんこの日を心待ちにしていました。

DSCPDC_0002_BURST20191223161429447_COVER

杵と臼もスタンバイOKです。

IMG_20191221_111333

さあ選手も到着、まず両選手のトークショーからスタートです。司会の方の際どいインコース攻め(?)にも丁寧に答えて下さいました。山口選手は先輩の塹江選手に少し遠慮気味かな?

DSC_1061

続いていよいよ餅つきです。選手のお二人にもお願いしました。おお、いい音!さすがプロのスポーツ選手、パワーもバネもケタ違いですね!!

DSC_1076

つき上がったお餅は粉をまぶしながら手早く丸めて行きます。

IMG_8225 (1)

こちらでは出来たお餅を焼いていますね。少し焼き目が付いてぜんざいに入れると香ばしくて美味しいですよね。

IMG_8244 (1)IMG_0589

お餅だけではありませんよ、具だくさんの豚汁、前日から頑張って仕込みました。

IMG_0588

お餅を食べた後は選手とゲームで対決です。野球じゃとても敵わないけど、ゲームなら選手に勝てるかも?

野球盤勝負!ホームランが出るかな?

IMG_8254 (1)

こちらはジェンガ。手に汗握る展開にギャラリーまで巻き込んで大変な盛り上がり!まるでクライマックスシリーズみたい!!

IMG_8266 (1)

本当に夢のような一日、素敵な思い出が出来ました。

DSC_1082

塹江選手、山口選手、年末に素敵なプレゼントをありがとうございました。今度はわくサポがお二人を応援に行きますね!!

 

│2019年12月23日│

わくサポ広島では、月に1回講師の先生をお招きし、笑いヨガプログラムを開催しています。

IMG_2253

笑いの体操と、ヨガの呼吸法をあわせたもので、体内に酸素がたくさん取り入れられ、健康と活力が実感できます。

笑い声を聞いたり、笑顔を見るだけでも効果アリ👌笑って健康になりましょう⤴️

│2019年12月17日│

以前、絵画教室でメンバーさんが『スタッフみんなで使えるものを作ってプレゼントしたい』と、ロッカーの鍵につけるキーホルダーを作ってくれました✨

IMG_2283IMG_2282

これでなくならない…はず😄

ありがとうございました😊

│2019年12月9日│